宿泊施設

贅沢なホテル、チャーミングなホテル、コンセプトホテル、ペンションもしくは家具付きアパートメント...ボルドー都市圏は毎年何百万人ものお客様にご利用いただけるようにホテルのサービスを強化しました。

記事を読む

街の中心には、スパを備えたインターコンチネンタルやグランドホテル、ホテル・ドゥ・セーズなどの4つ星や5つ星の有名なホテルがあります。「シーコ (le Seeko’o)」、ワインバーを併設した「ブティックホテル(le Boutique Hôtel)」、スタルク設計の「ママシェルター(le Mama Shelter)」、「ロテル・ド・トゥルニー (l’hôtel de Tourny)」、親しみやすく豪華な「オテル・デ・カンコンス(Hotel des Quinconces)」、「ロテル・インドー(l’hôtel Yndo)」などのコンセプトホテルも旅行客に人気があります。 最後の1つ:Cardinal Hotelオペラハウスから100mの「ベストウエスタン プレミアホテル バイヨンヌ エチェ オナ(Best Western Bayonne Etche Ona)」は、アールデコ様式の雰囲気と個性的な部屋でお客様をお迎えします。

トラムで市内中心部に直接アクセスできるメリニャックとボルドーラクにあるチェーンホテルは, プール完備、中心部に近いなどのサービスと利便性で、なじみのビジネス客だけではなく、年間を通し多くの観光客に利用されています。

マルティアック(Martillac)のスミス・オー・ラフィット城(Château Smith Haut Lafitte)の葡萄畑の中心にあるレ・ソース・ドゥ・コーダリー(Les Sources de Caudalie)は、2016年に宮殿の認定を得ました。他にはルレ・エ・シャトー認定を受けているホテルがポーイヤック(コールデイヤン・バッジュ)やブリアック(サン・ジェイムス)にあります。

旅費を抑えたい方のために、「テアトル・ホテル(Theatre Hotel)」は、オリジナルかつファンタジーな内装の23の客室を用意しています。 「クレマンソーホテル(Clémenceau Hotel)」と「ガンベッタホテル(Gambetta Hotel)」は、18世紀のボルドーの魅力あふれる石造りのモダンで快適なホテル。ピエール橋(Pont de Pierre)の反対側に位置する「オテル・デ・ボワヤジュール(Hotel des Voyageurs)」は、2名様75ユーロからの客室を提供しています。2018年6月にはサン・プロジェ(Saint Projet)広場に若者向けホステルがオープンします。

誕生したての「ラ・カサ・ブランカ(La Casa Blanca)」と「ラ・クルス (La Course」)、そして「ユヌ・シャンブル・アン・ヴィル (Une chambre en ville)」、「ロテル・パルティキュリエ (L’hotel Particulier)」、「ラ・メゾン・フレドン(La Maison Fredon)」・・・豪華ホテルや美しい邸宅が、ボルドーで生きる歓びを宿泊客におすそわけ。