ビジネスツーリズムのデスティネーションとしてのボルドー

こちらも絶好調! ボルドーは本格的なビジネスに最適の場所で、毎年多くのプロイベントが行われています。

記事を読む

ボルドーは、世界レベルでの会議や見本市に絶好の場所であると断言できます。 2017年は、4000人が集まったAPM(Association Progrès Management)のコンベンションや、全米弁護士総会などが開かれ、国内的にも国際的にも新記録を打ち立てた1年でした。

2017年にボルドー市内で行われた75のイベントのうち40は国際的なもので、計5万5千人の参加者とのべ189,000日に及ぶ会議を受け入れました。
注:ボルドーは、国内および国際レベルでのビジネスコンベンション開催地としての地位を強化するべく多岐にわたる努力を続けています。

ボルドーのビジネスの魅力は、魅惑的な新しい名所La Cité du Vin、ボルドーをパリに近づける高速鉄道の開通、Parc des Expositionsの新しいホールなどメトロポリスが投資する新しい会議施設の充実などにより、いっそう増大しています。 2018年には、「ロテル・ラディソン・ブルl’hôtel Radisson Blu」(125室)、「ヒルトン・ガーデン・インHilton Garden Inn」(164室)の開業や、航空会社の増便や新規路線(リガ、ワルシャワ、ハンブルク、フランクフルト、デュッセルドルフ...)によりさらに充実するでしょう。

加えて、ボルドーは大西洋の前線であり、光学技術とレーザー技術の先導的地位であり、ナノテクノロジーとバイオテクノロジー、神経科学とICTの強力な専門知識を持つ航空宇宙プールを持つ競争力のクラスターを刺激します。 健康、木材、持続可能な建設。

2018年のメインとなる会議プロジェクトは国際会議です。これには、世界看護師協会総会(2,000人)、ISMPシンポジウム(1,500人)、第5回全身硬化症世界会議(1,200人)が含まれます。