数字&順位で見るボルドー

  • 2015年:ボルドーはヨーロッパのベスト目的地に選ばれました。
  • 2016 : ニューヨーク•タイムズ紙の選んだ《世界必訪の旅行先》- 第2位にボルドー
  • 2017年:アタビュラ(Atabula)による、フランスで一番食通の街に。
  • コペンハゲジン(Copenhagenize)誌より6番目に自転車が快適な街に選出(2015年は8番目)
  • ボルドー空港は、利用者1千万未満の空港として最高の空港に選ばれました。
記事を読む

発展を続けるボルドー観光

  • ボルドーは、パリ、マルセイユ、リヨン、ニースに次いで5番目のフランス人のお出かけ地(INSEE2016年版による)
  • 訪問者の数は観光が盛んになり始めた2003年より毎年5%の割合で増え続け、街の再活性化に貢献しています。
  • 2017年には計4900万人が宿泊しました。
  • 河川:2017年には48隻の客船で3万人が寄港しました。
  • 空港:2017年に利用客が600万人に達しました。(2年で100万人の増加)
  • 宿泊:ボルドー近郊含め1320の施設があり、計3万2千人を収容できます。
  • 今後5年間で、さらに2500客室が新設される予定です。
  • 観光局利用状況 : 2017年には、ボルドー各地の案内所を902,500人が利用。

ボルドー•メトロポールBordeaux Métropole :

  • フランスで5番目の大都市圏
  • ボルドー•首都(28コミューン)の人口は790,000人であり(うちボルドーは250 000人以上)、
  • 2020年までに100万人の人口が予測されています。
  • ユネスコ世界遺産登録の面積は、市街地として世界最大の広さ(1810ヘクタール)
  • 多くの星付きレストランと、3人の世界的に有名なスター•シェフ、ピエール•ガニェール、ゴルドン•ラムゼイ、フィリップ•エチュベストを擁する美食の中心都市(ジロンド県には合計14軒の星付きレストラン)。
  • 競争力のある7つの分野 : 航空機産業、光学&レーザー、木材、持続性のある構造建築、情報通信技術、医療•神経科学

Le vinワイン

  • 111000ヘクタールの土地に60の作物。
  • 平均生産量:550万ヘクトリットル
  • 2016年のシャトー数6300
  • ワインのネゴシアン数 : 300
  • 毎秒、世界中で22本のボルドーワインが購入されている。 

トップ•フランス•シティーズTop French Cities

Top French City ボルドーは、フランスの国際的な都市ネットワーク « Top French Cities »のメンバー。このネットワークは、ボルドー観光局長がディレクターを務め、マルセイユ、リール、モンペリエなどの20余りのデスティネーション都市で構成されています。パリを除くほとんどの大都市とメトロポールが連携して、フランス観光開発機構の「都市のクラスター•ツーリズム」のために1993年以来恊働し、これらの都市を特徴づける文化•近代性•エレガンス•歴史•文化財•ガストロノミーと「フランス式」のライフスタイルの普及•発信を目的としています。

ボルドーの新しいマーク

Bordeaux Magnetic 類を見ないほど豊かな文化財に恵まれ、大西洋を初めとして世界中に開かれた土壌にはぐくまれたボルドー。その優れた伝統技術•ライフスタイル、そして創造性や起業家精神を合わせ持った独自性によって、ボルドーは活気に溢れ、魅力的なメトロポールとして輝きを放っています。つまりそれが、Magnetic Bordeaux(惹き付けるボルドー)です。施設、地方自治体、企業が加盟する新しいブランド Magnetic Bordeaux がこのような背景のもとに誕生しました。今後このマークはキャンペーンやプロモーション•イベント、広報を通して、この地の魅力のシンボルとして使用されます。