地球環境に優しい街ボルドー

フランス人が住みたい街を調査すると、ボルドーは常にトップの座を占めます。その理由は、生活環境の快適さ、人に優しい交通手段への取り組み、そして活力溢れる地方でしょう!

記事を読む

2015年、ボルドーは世界で最も自転車走行に適した街トップ10にランクイン (source : cabinet Copenhagenizeによる)。163kmの自転車道に加え、セルフサービスの自転車VCub、1700台を有するボルドーの市街化地域が評価されています。ペダルをこいでボルドーをくまなく探検する7本のサイクリングルート(6.5〜33km) は
こちらから:

http://bit.ly/2mcR23E

他のオプション : 市の中心部の狭い道も通行できる小型電動バスCiteis 47、または、べロタクシーHappy-Moovでの移動も環境に優しい交通手段です。

https://www.happymoov.com/transport

他に類を見ない自然遺産

ボルドー•メトロポールの中には、2万9000ヘクタールに及ぶ自然景観があります。 市街地では、コデラン地区のボルドー公園le Parc Bordelais、ジャルダン•ピュブリック le Jardin Public、スノンのパルメール公園le Parc Palmer de Cenon、バスティッド地区の植物園le Jardin Botaniqueで深呼吸。ボルドーの北にある、4500ヘクタールのジャレス公園le parc des Jallesは、ボルドー•メトロポールの緑のオアシス。車で10分ほどのブランクフォールにあるマジョラン公園le Parc de Majolan à Blanquefortの人工の洞窟もぜひ訪れたい所です。ガロンヌ右岸では、バッサン、ロルモン、スノンとフロワラックにかけて広がるコトー公園le parc des Coteaux。25キロの遊歩道があり、ここから臨むガロンヌ川の景観はまたとない美しさです。