ボルドー 穏やかさ

石とワインの歴史的な都市であるボルドーは、近年、都市の雰囲気、美食、活気のある文化的な側面を理由に、人気のあるデスティネーションになっています。ユネスコの遺産と新しい地区、ガロンヌ河岸と歩行者専用の道、徒歩または自転車と言うように、ボルドーはダイナミズムと静けさを組み合わせるという大きな挑戦に取り組んでいます。人生に穏やかさを求める人をますます引き付ける巧みなバランス。

記事を読む

ボルドー 世界のワインの首都

2020年、ボルドーは…ワインを祝います! 6月18日から21日まで、ボルドーの川沿いには、約10の遺産である大型船と多数の臨時ワインバーが集結し、ボルドーとヌーヴェル=アキテーヌのブドウ農園から80以上のアペラシオンが提供されます。和気あいあいとした一時を過ごし、ワイン文化を奥深く学ぶ機会。

ボルドー 心地よさ

持続可能な開発アプローチに積極的に取り組んでいるボルドーは、環境に優しいものにするため、交通計画全体を見直しました。ブルス広場Place de la Bourseとポルト・ドゥ・ブルゴーニュPorte de Bourgogne間を散策。ジャルダン•ピュブリックJardin Publicで休憩。ピエール橋Pont de Pierreを渡ってダーウィン Darwinとアンジェリック公園Parc aux angéliquesを発見。ボルドーは、各自のリズムで、様々な側面を楽しめます。一息つける街中の自然あふれる場所、考え事をするのにぴったりな緑がいっぱいの川沿い、歴史的中心部の活気あるテラス、路地、小さな広場の見逃せない魅力:ボルドーには数々の癒しスポットがあります。

ボルドー ダイナミズム

ボルドーは、フランス南西部の入り口です:ピラ砂丘Dune du Pilat、アルカション湾Bassin d’Arcachon、サンテミリオンのブドウ畑、大西洋岸、ランドの森Forêts landaises、またはバスク地方。まさしくボルドーが「フランスのカリフォルニア」であることを証明しています。さらに、ますます活気に満ちた芸術面もそれを証明:劇場、ストリートコンサート、コンサートホール、ライブショー、現代音楽、ストリートアートは、想像力と創造力に満ちています。見逃せない2020年の文化的イベントの1つに挙げられるのは、4月に潜水艦基地 Base sous-marineにオープンするバッサン・ド・ルミエールBassins de Lumièresです。ボルドーの想いを反映させたイベントで、過去と未来を組み合わせます。