ビジネスツーリズム : 将来を視野にいれるボルドー•メトロポール

シテ•デュ•ヴァンのオープン、ユーラトランティック計画、高速鉄道路線LGVの開通、バッサン•ア•フロの開発整備など、2017/2018にボルドーは、ビジネスツーリズムに適した近代的設備や、インフラの拡充の工事を完了させます。

記事を読む

街の核である中心地区には3つのスポット : シテ•モンディアルCité Mondialeが300席のホール•講堂、パレ•ド•ラ•ブルスLe Palais de la Bourseが豪華なレセプション会場を、Hangar 14は見本市や新製品発表に最適な5400㎡をご提供します。

ボルドーの鉄道駅la gare Saint Jeanや街の中心部からトラム(C線)で15分の立地のボルドー•ラックにあるパレ•デ•コングレle Palais des Congrèsでは、自然溢れる環境の中に、合計1850席の3つのホール/会議室を備えており、5分以内の場所に1400の宿泊客室、15のレストラン、カジノがあります。

Parc des Expositionsの大改装・近代化のおかげで、ボルドーは2018年以降、大規模な会議や大会の開催地として位置づけられるでしょう。 面積14,000㎡の新しい多目的ホールには、1,000㎡のレセプションエリア、13の可動式会議室、7,400m2の完全モジュラー式メインホールを用意しています。

合計1320軒、約32000床の宿泊施設

コンベンションセンター近くのビジネスホテル、魅力的なぶどう畑の中のチャーミングなホテル、街の中心にあるゲストハウス、さらには240棟のバンガローがある4つ星のキャンプ場など、ボルドー都市圏は多様な選択肢を用意しています。

今後5年間で、さらに2500の新しい客室が増えます。バッサン・ア・フロのラディソンブルホテル、駅に近いヒルトンガーデンインとゴールデンチューリップ、ビクトワール地区のホテルグループAngélys、そしてLa Cité du Vinの近くにある2つの高級ホテルなどです。