ボルドー•珍しいアクティビティ

珍しい、革新的な、風変わりな、など、ボルドーは、珍しいアクティビティには事欠きません。必見アクティビティをまとめました!

記事を読む

楽しいシェルターハウス

雲、フクロウ、星などの形をした10棟のシェルターが、ボルドー都市圏の近郊登山者を楽しませています。 2017年、ボルドー湖畔に小さな巻貝型のNeptuneaが設置され、コレクションが増えました。

http://lesrefuges.bordeaux-metropole.fr

遅いティータイム

ボルドーの街にはびっくりするようなお店もいくつかありますよ!食事なら市内で一番古いグルメレストラン「ル・シャポン・ファン (Le Chapon Fin)」は岩や貝模様を使ったロカイユ様式デコレーション。 飲んでからサーフィン-またはその逆-なら、「ウェイヴ・サーフ・カフェ(le Wave Surf Café)」へ。古い教会の真ん中でちょっと何かつまみたければ、「カフェ・ユートピア(Café Utopia)」に駆け込みましょう。 食べる?ショーを見る? 「ラ・グランド・ポスト(La Grande Poste)」なら両方かないます。 最後に、「ロートル・プティ・ボワ(l’Autre Petit-Bois)」。店内が実物大の木やバロック様式の装飾にあふれ、お茶や食事をしたい妖精ファンには楽園です。

20年代を旅する

LaCitéFrugèsの50棟の住宅群–1924年から1926年にかけ、 良質の公共住宅をすべての人々に提供することを目指して、ル・コルビュジェがPessacに建設したものです。その幾何学的形状、色彩や素材の多様さが目を引くこの地区は今日、建築愛好家のランドマークとなっており、2016年7月にユネスコの世界遺産に登録されました。

www.pessac.fr/cite-fruges-le-corbusier.html-0

バンカーでボルドーウイスキーをお楽しみください

ムーン・ハーバー:この名前は無意味につけられたものではありません。ボルドーを通るガロンヌ川によって形成された三日月形を指しています。ボルドーで作られたこのウイスキーには2つの特徴があります。蒸留所がかつてバッサン・ア・フロにあったトーチカを利用していること、そしてこの美酒が45°8の混合ウイスキーはソーテルヌのオーク樽で、ピート混合麦芽はボルドーの赤ワインの樽で仕上げられていること。
これぞボルドー、ですね!

http://moonharbour.fr/en/